カテゴリー: 2007年

「読ミガエル名作」フェア

紀伊國屋書店では,創業80年を記念し,長く店頭から消えている文庫の中で,「もう一度読み返したい」「店頭で販売をしたい」1冊を全スタッフに募り,その結果を元に,各出版元に重版可能なタイトルを打診,7社40タイトルの復刊を実…

Read the full article

岡本綺堂随筆集

今年はインフルエンザが流行しそうだとのこと。 インフルエンザといえば,岩波文庫の新刊「岡本綺堂随筆集」に明治時代のインフルエンザの話があって,それによると,インフルエンザが初めて流行ったのは明治23~24年にかけて。当時…

Read the full article

その後のツレがうつになりまして

幻冬舎の新刊「その後のツレがうつになりまして」(細川貂々)を読みました。 仕事人間だった夫がうつになって会社を退職,その後の闘病生活の様子をイラストレータの妻が描いて話題になった本の続編。著者によると,刊行後,同じ悩みを…

Read the full article

タンマ君 祝1900回

今週号の週刊文春は,東海林さだおが38年間続けてきた連載漫画「タンマ君」の1900回特集。 タンマ君の謎を解く!!と題して,名前の由来,仕事,好みの女性や食べ物など,これまでの連載中に現れたさまざまなエピソードからタンマ…

Read the full article

18年ぶりの世界文学全集

国内では18年ぶりの世界文学全集が河出書房より刊行される。初版2万部で,すでに予約目標の3千セットを突破したとのこと。 世界文学全集は,1989年に河出書房と集英社から出たものが最後。今回の河出書房新社版は,作家の池澤夏…

Read the full article

エクスメディア倒産

フルカラーのPC入門書「超図解」シリーズで知られるエクスメディアが,10月31日東京地方裁判所に自己破産申請を行った。負債は11億円。三笠書房を引受先とする再建計画もあったが,不調に終わったという。 IT系書籍や雑誌は調…

Read the full article

新橋古本まつり

恒例の「新橋古本まつり」が,JR新橋駅前SL広場にて5~10日まで開催中です。 雑誌,ムック,文庫・新書など白っぽいものがメインですが,お近くにお越しの際には,お立ち寄り下さい。

岩波文庫の重版

岩波文庫では,創刊80年を記念して,本年4月にロングセラー13点19冊を,活字を大きくし,字詰め行間を改め,より読みやすくして,一括重版しました.これに続き,10月4日に以下の7点10冊が同様に重版されました。今後も基本…

Read the full article

ゴマ文庫創刊

ゴマブックスから11月7日に「ゴマ文庫」が創刊される。 自社書籍や書下ろしを中心に,初回12点。12月,来年1月には各10点を刊行予定。以後毎月7~10点を刊行し,年間100点を目指す。 初回刊行分は,「アホでマヌケなア…

Read the full article

ウェッジ文庫創刊

新幹線内などで見かけるビジネス誌「Wedge」。その出版元ウェッジ(JR東海の子会社)より,ウェッジ文庫が10月22日に創刊される。 初回は,「日本人の忘れものI」(中西進),「清朝十四王女-川島芳子の生涯」(林えり子)…

Read the full article

海底二万里(下)(ヴェルヌ)

岩波文庫の海底二万里(下)を読む。 読み終わって,やれやれという感じなのだが,それは本書が,詳細に記述された海中の科学的な興味より,ノーチラス号の中に自分の世界を作り上げようとしたネモ船長の薄気味悪さが先に立ち,ヴェルヌ…

Read the full article