カテゴリー: 2004年

2004年9月

図書券 図書券が廃止になるという。いずれ図書カードへの移行によりなくなるとは思っていたが,カードより使いやすい点もあり残念。おもしろいのは,時期が地域によって違うことで,山陰地方はすでに昨年11月,東北,中国,四国は今年8月で廃止となっている。もちろん,現在手持ちの図書券や他府県で発行された図書券は…

2004年8月

ジェイドⅡ世整理しつつ。 (投稿日) 2004年08月21日 読んだ文庫を整理し、目録でチェックしているのですが、改めて気付くことが出てきます。先ごろツルゲーネフ:『処女地』が重版となりましたが、岩波文庫で現在入手可能な作品は、これだけのようです。『初恋』、『父と子』は長くリストの中に入っていました…

2004年8月

白鯨 最後の夏休み連休をとっていました。岩波文庫の新刊「白鯨」,他の文庫や岩波の旧版でも読んでいるし,ボリュームもあるので,どうしようかと迷ったのですが,書店でぱらぱらめくってみて,当時の捕鯨船の構造図や,読みやすそうな訳文に惹かれ,さっそく読み始めました。そして,以前読んだとき(の記憶)と随分印象…

2004年7月

鳥頭紀行 くりくり編 陶芸教室へ行って壷だか茶碗だかわからないものを作ったり,プールへ行って日焼けのだめ押しをしてきたりと,相変わらず忙しい夏休みを過ごしています。角川文庫の「鳥頭紀行 くりくり編」を購入し読んでいましたが,やっぱり家の本棚に元本がありました。最近は,文庫化されたときに,こっちの方が…

2004年6月

漢字検定 梅雨はどこへ行ったのか?と思っているうちに6月も終わり。子供の漢字検定の問題集を見せて貰ったが,なかなか難しい。我々の小学生の頃,そんなに漢字を覚えていたかな・・・と今となってはよく分からないのだが,いずれにしても私の場合,パソコンを使うようになってから漢字を書く力が相当衰えていることは事…

2004年5月

吉田一穂詩集 そろそろ梅雨入りした地方もあるようですが,こちらは30度を超える蒸し暑い日が続いています。岩波文庫の新刊「吉田一穂詩集」を読みました。吉田一穂といえば,息子の吉田八岑氏が茅ヶ崎に住んでおり,悪魔学?で有名な氏らしく,江ノ島に海賊船スタイルのユニークなヨットを持っていました。吉田一穂の詩…

2004年3月

3月27~31日 桜も満開となり,いよいよ春本番。岡山大学の生協書店には,岩波文庫の復刊が平積みされていたので,古いものを再読してみようかとも思ったのですが,結局,初めから持ち歩いていた岩波文庫の新刊「日本近代文学評論選 昭和篇」を読むことに。本巻には,芥川龍之介や谷崎潤一郎をはじめ,馴染みのある作…

2004年2月

2月27~29日 ハッキリしない天気が続いています。27日にポケモンセンターよりゲームボーイアドバンス・フシギバナバージョンが出るというので,さっそく注文させられる羽目に。新潮文庫の新刊「ボタニカルライフ」(いとうせいこう)を読む。ガーデナーならぬベランダーと自称する著者が,都会での園芸生活を綴った…

2004年1月

1月29~31日 来週末は結婚式があるので,床屋へ行ってきた。昔は,近所の行きつけの床屋だったのだが,今はもっぱらディスカウントチェーンの床屋で安くあげている。別にヒゲなど丁寧に剃ってくれなくてもよいし,時間ももったいないので・・・「浮世床」には「大道直して,髪結床必ず十字街にあるが中にも,浮世風呂…