岩波書店創業100年記念フェア「読者が選ぶこの一冊」アンケート


創業100年記念フェア「読者が選ぶこの一冊」アンケートのお願い

岩波書店は2013年に創業100年を迎える。それを期して、読者に、岩波文庫、岩波現代文庫、岩波新書、岩波ジュニア新書、岩波少年文庫の中から、「読者が選ぶこの一冊」アンケートを実施している。この投票結果をもとに、記念フェアを、全国の協力書店で、2013年中に順次開催予定。

投票書目 上記5シリーズから各1冊
投票締切 2012年9月30日
結果発表 投票上位書目は、「図書」2013年1月号、ホームページ、フェア開催時に店頭で配布する「小冊子」にて発表

投票者から抽選で1000名に「岩波書店オリジナル図書カード(500円相当)」を進呈。

「岩波書店創業100年記念フェア「読者が選ぶこの一冊」アンケート」への3件の返信

  1.  岩波文庫は何時も私の、蔵書の一冊として本棚に保管しております。
    その中のシラー作「ヴィルヘルム・テル」スイスの伝説手英雄が主人公です。シラーは子供の頃にも何度か読みました。先日、月刊誌「潮9月号」でゲーテ とシラーの関係を知りました。二人の本格的な友情が始まってからシラーが逝去まで11年間、100通を越える書簡が存在し互いに日常的に啓発し合い高めあうというゲーテはシラーとの友情を美しい表現で回想しているそうです。  ワイマール国立劇場前に立つ、ゲーテとシラーの大英雄の像に魅了されました。
    これからも貴社の本を愛読して参ります。良い本に巡り会えて本当に有難う御座いました。

  2.  あまりにも感激シラーとゲーテの出逢いにコメントを書き込みました。ワイマールゲーテ協会の顧問の含蓄シラーの展開に感激いたしました。

     どうぞ上記のコメントを残すのは問題有りません。宜しくお願いいたします。

  3.  岩波文庫は何時も私の、蔵書の一冊として本棚に保管しております。
    その中のシラー作「ヴィルヘルム・テル」スイスの伝説手英雄が主人公です。シラーは子供の頃にも何度か読みました。先日、あるでゲーテ とシラーの関係を知りました。二人の本格的な友情が始まってからシラーが逝去まで11年間、100通を越える書簡が存在し互いに日常的に啓発し合い高めあうというゲーテはシラーとの友情を美しい表現で回想しているそうです。  ワイマール国立劇場前に立つ、ゲーテとシラーの大英雄の像に魅了されました。
    これからも貴社の本を愛読して参ります。良い本に巡り会えて本当に有難う御座いました。

      。

コメントは受け付けていません。