トラちゃん

随分前の本ですが,集英社文庫「トラちゃん」(群ようこ)を読む。トラちゃんは,著者の家に住み着いているネコの名前。世襲制になっているので,トラ,コトラ,マゴトラもいて,その姉妹は1号,2号,3号と区別されている。この家には,ネコだけではなく,鳥,ハツカネズミ,金魚,隣のイヌまで,次々とやってくるので,家の中は大にぎわい。よっぽど動物たちには居心地がよいのだろう。そんな家を仕切っているのが群さんの母親で,この人の豪快さ,気っぷの良さ,動物への愛情が際だっている。なんとも微笑ましく,またほろりとくる本。

「トラちゃん」への1件の返信

  1. 旅のお供。

    旅はゲストルーム
    浦一也氏という、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルなどを設計した方の著書。東京駅で、新幹線の待ち時間に5分で選んだのですが、果たして旅行にぴっ…

コメントは受け付けていません。