リチャード三世

岩波文庫の新訳「リチャード三世」を読む。もとより原文と逐一あたるわけではない自分にとって,シェークスピアの訳の良し悪しは,読んでいて違和感を感じるかどうかにかかっている。その点,この木下順二訳は,かなり自然に読むことができた。
木下順二は,昭和11年東京大学英文科に入学し,中野好夫のもとでエリザベス朝期の演劇史,なかでもシェイクスピアを専攻。在学中は東大YMCAのメンバーとして活躍し,その指導をしていた女優・山本安英の影響で演劇に関心を持ち,その後戯曲創作に専念。
リチャード三世の文庫本には,新潮文庫に福田恒存訳,角川文庫に福原麟太郎・大山俊一(旧訳)と三神 勲(新訳),旺文社文庫に大山俊一訳がある。
「リチャード三世」は,明解なストーリーで,歴史的な背景が分からなくても楽しく読めるが,この時代の薔薇戦争については。「文学・歴史の20」か,「英国の歴史」が参考となる。

「リチャード三世」への1件の返信

  1. 失礼いたします。
    書籍、しかも文庫本が大変お好きなようにお見受けいたしました。私どもは文庫本の買取専門のオンライン古書店です。もし、読み終わられて処分をお考えの本がございましたら、ぜひ当店にお売りくださいませ。誠意を持って買い取らせていただきます。
    よろしくお願い申し上げます。

コメントは受け付けていません。